Tips7.マイナンバーの提出義務はあるか?

無料記事

音楽の仕事をしていると、ギャラを支払ってくれたクライアントから年末くらいにマイナンバーの提出を求められることがあるはずです。平成28年1月1 日以降、法定調書の提出義務者や源泉徴収義務者は、従業員や報酬を支払った人から本人確認としてマイナンバーの確認と身元確認を行うことが義務づけられているのです。

この確認作業は以下の2種類の方法を用います。

1.マイナンバーカードのコピーを提出していただく(個人番号カードの番号確認と身元確認)
2.通知カードのコピー+免許証や健康保険の被保険者証のコピーを提出していただく(写真がない場合2種類以上必要)

この情報収集に関して、事業者は提供者に対して正しい利用目的を告げなければならず、また利用目的以外の利用や管理義務を怠って漏洩などがあった場合は非常に重い罰則規定があります。

参考URL
https://acube-ac.com/my_number/seido/seido03.html#t1

ただ、マイナンバーを提出する側には、拒否してもなんの罰則規定もありません。

要は提出側よりも事業所の責任が問われるということなのです。ですから、事業所は低姿勢にお願いするしかないということなのですが・・・実は、現状では「どうしてもマイナンバーの提供が得られない場合」はその理由を届けることによって法定調書は受理されます。「提出を拒否された」など正当な理由を報告すればよいのです。
またこのことに関する罰則規定はありません。

以下は国税庁のHPからの引用です。
——————————————————-
Q2-3-3 税務署等が受理した申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合や誤りがある場合には、罰則の適用はありますか。
(答)
税務署等が受理した申告書や法定調書等の税務関係書類にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合や誤りがある場合の罰則規定は、税法上設けられておりませんが、マイナンバー(個人番号)・法人番号の記載は、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務ですので、正確に記載した上で提出をしてください。
——————————————————-

さて、それではミュージシャンはどう対応すればよいでしょうか?

私個人の意見とすれば、クライアントとの関係を重く考えるのであれば、できるだけ協力すべきなのではないかと思いますし、実際に私の会社も多くのミュージシャンを使っていますので、マイナンバーの情報を提供いただいております。ただ、昨年も数名「提供しない」との旨の連絡をいただきました。もちろん税務署にはその旨伝え問題なく法定調書も受理されましたが、事業者としての本音を言えば「できるだけ気持ち良くお取引させていただきたい」という部分はあります。
仕事に慣れているベテランミュージシャンはこちらの事情もお分かりのようで、ほとんどの方には快くご提出いただいているのですが、中にはやはりこの制度に対して懐疑的な考え方の人もいるようです。もちろん考え方は人それぞれですし、提出を拒否されても責めるつもりはないのですが、ちょっとだけ残念な気持ちがあるというのも事実ではあります。

ただ、時折、事業所によって「提出しないなら今後取引しない」などと脅しともとれるようなことをいうところもあるようです。コンプライアンスの重視はわかりますが、そんな言い分こそコンプライアンスというものが分かっていないような気がしますね。提出がいやであれば「拒否します」で構わないはずです。

あ、でも、弊社の仕事をされた皆様は是非ともご提出にご協力くださいませね。

1/19
誤解なきように追記しておきますが、事業所には従業員や報酬を払った先のマイナンバーを届ける義務が法律で定められています。ですので、会社によっては就労規則などでマイナンバー提出を拒否した場合の罰則を定めているケースもありますので、提出を拒否するにしても自分の立場には十分に留意してください。提出拒否に法的な罰則はありませんが、だからと言って誰でも何でも拒否してOKということにはなりません。
ミュージシャンにとってはレアケースかもしれませんが、もし特定の組織に属している方はそのあたりはきちんと確認されることをお勧めします。

参考までに、罰則規定のない法律としては、未成年の喫煙に関する法律などがあります。これは「未成年者喫煙禁止法及び未成年者飲酒禁止法の一部を改正する法律」によるものですが、ここには本人への罰則規定はありません。しかし、親権者、その他の監督者、煙草を販売した者に罰則を科すことが定められています(罰金は最高で50万です)
そして法的に罰則がなくても停学や退学になることもありうるわけですから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atozogawa

Author:atozogawa
音楽プロデューサー、ギタリスト、作編曲家の小川悦司です。
好評だった「ミュージシャン金のバイブル」の続編をブロマガ配信することにいたしました。音楽家を目指している方にご覧いただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR