FC2ブログ

Tips5.フライヤーは効果があるか?

無料記事
バンド活動やライブの宣伝などでフライヤーを配るというのはもはや常套手段でしょう。一般的には新聞の折り込み広告をチラシ(「散らす」が語源)、ライブの案内などを刷った比較的小さめの案内をフライヤー、人々に配布する紙片をビラなどと呼び分けることもありますが、いずれにしても催事を一般に知らしめるための紙切れという意味ではほぼ同義で使われているといっていいでしょう。

⚫️ターゲットが不特定多数の場合
まずは、小規模なライブの告知にはあまり向いていない一般的な新聞の折り込み広告(チラシ)についてですが、一般的な効果という意味でここから解説しましょう。
新聞折り込みは基本的に不特定多数の人がターゲットになるので、食品や日用品など、だれもが必ず買うであろうものに効果があります。ではそれがどの程度の集客につながるかというと、とある調査機関の報告によると多くても0.3%とのこと。1000枚配って3人の来客ということです。これはあくまで多いケースで、初回の配布では実数は1名来るか来ないかという確率だそうです。
実際、音楽系は新聞チラシよりも専門誌などへの広告掲載の方が効果的ではありますが、規模が大きなイベントの場合は新聞などもそれなりの効果はあります。

⚫️SNSでイベントの広告を打った場合はどうか?
次に紙のフライヤーではなくデジタルフライヤーに関してですが、これはターゲットの設定によりますが、音楽ジャンルを特定してライブに来そうなターゲットに広告を打った場合、私が実際に打ったFaceBook広告では約1,0000人にリーチしてリアクション、コメント、シェアが合計650弱、投稿クリック378というという結果が今までで最も良かった結果です。ただし、実際の来客100名弱に関しては、これはそもそもアーティストを知っている方がほとんで、直接広告を見て初めて来たというのはほんの数人でした。
また、これは下で説明する方法をとったからであり、ただ闇雲に広告を打ってもそう数値は上がらないものだということは付け加えておきます。
ただし、認知を高めるための布石という意味では、のちに初めて会った方から「あのライブ行きたかったんだよね」などと声をかけられたりということも複数回あったので。手応えを感じたということは付け加えておきます。

⚫️フライヤーの効果を高めて、集客に結びつけるためのポイント!!

1.繰り返して接触回数を増やす
チラシやフラーヤーには直接的に集客に結びつかなくともとても大きな役割があります。
それは「認知」させるとうことです。例えば一般的には、10万部を10万人に1回配るよりも、1万部を1万人に10回打った方が効果的といわれています。
TVCMが効果的なのは、何度も同じ宣伝を見ることによって、接触回数が増えて企業や商品のブランディングが出来上がるからです。
ですから、イベント毎に毎回繰り返して宣伝し、まずは多くの人に知ってもらうことが大事なのです。
直近のライブの動員が直接増えることは稀ですが、多くの人に認知してもらうことによって、将来何かがトリガーになった時に話題になりやすくなるための布石と考えましょう。

2.ターゲットを絞る
例えば、ジャズであればジャズファンに、V系であるならV系のファンに、まずはそのように興味のあるであろう人に手元にフラーヤーを届けることが大事です。FaceBook広告ではこのあたりのターゲットが絞れますが、これとは別にロック系のバンドがよくやっているのが、他のアーティストのコンサート会場の外で自分のバンドのフライヤーを配るという方法。これは禁止されている場所も多々あるのでどこでもできるわけではありませんが、繰り返せば闇雲に配るよりはよほど認知度が上がります。

3.より多くの人に見てもらう工夫をする
新聞広告を1万世帯に配った場合、それを見ることのできるのは1万人ではなく、世帯平均人数を掛けた2.5万人弱となります。また、一人ひとりに直接渡すよりも、楽器店やスタジオの貼った場合のほうが認知してくれる人数は飛躍的に伸びるでしょう。これらの場所にフライヤーを貼ってもらう場合は、直近のライブではなく、なるべく長い期間貼ってもらえるように、少し先のライブの告知やCDの宣伝がよいでしょう。ここでは直近のイベントの集客よりも、認知してもらうことを優先すべきなのです。

4.直接のコンタクトを併用する
コンサート会場近くや駅近辺でのビラ配りができる場合は、スタッフやアルバイトにやってもらうのではなく、アーティスト自らがステージ衣装で配った方がより効果的です。
私が以前プロデュースしていたアイドルはこの方法でライブ直前にかなりの集客を得ることができていました。本人から直接もらった場合や直接声がかかった場合、喜ぶ人も多いものですし、その時ではなくてもライブに行ってみようという動機になりやすいのです。
もちろん、路上ライブなどで立ち止まってくれた人にフライヤーを渡す場合でも、スタッフではなく本人が配る方が好感度は高いものです。

5.デジタルフライヤーを活用する
ライブを毎回告知するにしても紙媒体のフライヤー以外に、先に述べたようなSNS上でデジタルフライヤーを掲載するという方法も、もはや常識です。
ここではライブに来そうなターゲットに直接見てもらうような工夫をします。FaceBookのアーティストページでの公開と併せて、特定のターゲットに広告を打ってまだ知らない人へのアプローチはもちろんのこと、例えばTwitter等で1月前、2週間前、1週間前、3日前、2日前、前日など、複数回告知するとよいでしょう。

6.直接連絡をとる
集客に最も効果的なのは、フライヤーでライブ自体の認知を広めた後で、メッセンジャーやDM等を使って知り合いに直接アプローチする方法です。本人から直接の誘いは無視しずらいものですから、ここで追い込みをかけるのが最も効果的なのです。ただしこの方法はライブの時だけの連絡だとあまりいい印象を与えないので、日頃からのコミニュケーションは大事にしておきましょう。

7.QRコードを埋め込む
フライヤーのデザインにはアーティストの写真はもちろん日時、会場などの情報も盛り込むのは当然ですが、QRコードを埋め込んで自らのホームページなりライブハウスなりに誘導すると効果的です。デジタルフライヤーの場合はURLで構いませんが、紙媒体に記載されたURLをスマホに打ち込み直す手間はそれだけで面倒だからです。またアクセス解析ができるというメリットもあります。QRコードで誘導する先に特典を設けるなどすると、より効果的です。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

atozogawa

Author:atozogawa
音楽プロデューサー、ギタリスト、作編曲家の小川悦司です。
好評だった「ミュージシャン金のバイブル」の続編をブロマガ配信することにいたしました。音楽家を目指している方にご覧いただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR