fc2ブログ

Tips.11ライブ配信や動画コンテンツで収益を上げる方法について

無料記事

有料での動画配信を考えているミュージシャンも多いようですが、今回はその方法と問題点をまとめてみます。

ライブ配信、Youtubeなど動画サイトへのアップし公開する、または限定公開してURLを共有する、自分のWEBサイトに貼り付ける….などいろいろな方法がありますが、まずは収益化以前に知っておきたいことをまとめてみます。

○誰の楽曲を演奏するの?
自分のオリジナル曲でやる分には何をやっても特に問題はありません。
ただ「人の曲のカバーをするとき」には時に申請が必要です。

○カバー曲を演奏する時にまず確認すること
まずJASRACのデータベース「J-WID」で調べてJASRACが管理している楽曲かどうかを確認します。JASRAC以外にもNexToneなどの管理団体もありますが、これら著作権管理団体の管理していない楽曲は、権利者がその使用料を指値で請求してくることもあるので注意が必要です。

それでは今回はJASRACが演奏権を管理している楽曲という前提で話を進めます。

○申請が必要なケースはどんなとき?
JASRACが演奏権を管理している楽曲の場合「自分が演奏したものを個人でアップする場合」は特に申請の必要はありませんが、次のケースでは申請が必要になります。

1.法人や団体の場合で「外国曲」を動画コンテンツとしてYoutubeなどにアップする場合は、非公開、公開、限定公開を問わずビデオグラム録音の申請が必要です。ライブ配信のみの場合は申請はいりません。
海外の楽曲のビデオグラムの申請はまず各出版社(日本の窓口であるサブ出版社)にシンクロ権の確認をします。本国に確認するので日数はかかりますし、1曲10万以上というのも珍しくありません。
シンクロ権について
https://rittor-music.jp/column/rights/23863
出版社連絡先一覧
https://www.jasrac.or.jp/info/create/address.html

2.特定の企業や商品、サービスを宣伝している場合は、JASRACでCM送信用録音(配信)の手続きが必要です。

3.楽曲をストレートにカバーするのではなく、歌詞を変えていたり、大きくアレンジをしている場合、JASRACではなく楽曲の著作権をもっている出版社にカバー申請をします。「翻案権」や「同一性の保持」に関する裁量はJASRACでは管理していないからです。
よく、モノマネなどで「替え歌を作ったけど申請通らなかったんだよ」というのはここの部分が引っかかっているということです。
ちなみに、録音(レコーディングしたものをCDで販売したり、配信したりする)場合は、ストレートカバーであっても必ず出版社へのカバー申請が必要になります。


○アップする先はどこでもいいわけではない!!
動画のアップ先はJASRAC等と許諾契約を締結している動画サイトのみに限られます。自分のホームページなどにカバー曲の動画を貼り付ける場合は別途JASRACにインタラクティブ配信の許諾が必要になります。
利用許諾を締結しているサイト
https://www.jasrac.or.jp/info/network/ugc.html
インタラクティブ配信に関して
https://www.jasrac.or.jp/info/create/calculation/interactive/index.html


○収益化に関しての手続きが必要か?
JASRACに問い合わせたところ、Youtubeなどを使ったライブ配信や動画コンテンツの収益化に関しては、法人個人問わず特に「収益化に関する申請」は特に必要ないとのことでした。ただし、上記のインタラクティブ配信やCM等の申請を伴うケースにおいては、その中で収益によっての料率の規定もあります。


○実際どうやって収益化するか?
代表的な例をいくつかご紹介しましょう。

1.Youtubeパートナープログラムを使って広告収入を得る
チャンネル登録者数1000名以上、有効な公開動画の総再生時間が直近12ヶ月で4,000時間以上、Googleアドセンスアカウントを持っている、この条件をクリアすれば広告収入を得ることができます。
https://support.google.com/youtube/answer/72851?hl=ja
Youtube Creator Academy
https://creatoracademy.youtube.com/page/lesson/artist-monetization?cid=artist&hl=ja#strategies-zippy-link-2

2.Youtubeのスーパーチャット機能を使う
Youtubeでのライブ配信中に投げ銭を受け取ることができます。ただし、チャンネルが審査に通っている必要があります。チャンネル登録者数1000名以上、有効な公開動画の総再生時間が直近12ヶ月で4,000時間以上、18歳以上、報酬を受け取ることが可能な国、地域に住んでいること。この条件を満たしたチャンネルから自動審査されます。
https://livedays.jp/youtube/superchat/

3.ツイキャスのプレミア配信を使う
出品者登録をしてプレミア配信チケットを売ることによって収益をあげることができます。
https://twitcasting.tv/helpcenter.php?pid=HELP_PREMIER_LIVE_SELL&fbclid=IwAR2yrQ-iaNYgNbeqz7SNDvYzWzHqz2YLKbcCNC3PrDBVcfmW8JEqqDW0U4I#sell

4.Facebookにや自分のHPに会員制のサロンを作る
ライブ配信や限定公開の動画のURLを、会員制のサロンのみでを知ることができるようにします。まずはPaypal(事業者登録が必要です。個人間の資金移動は商法目的には使えません)などでの集金システムを導入した上で、会費を払った人だけサロンに入れるようにします。月額で引き落としという方法も取れるので、その場合、その月の入金がなければサロンは見られなくなります。ただし限定公開のアーカイブの場合そのURLを他人に教えられてしまうというリスクはあります。

5.ライブ配信で投げ銭をしてもらう
ライブ時にPaypalなどを併用して投げ銭をしてもらうシステムです。Peatixなどのシステムを導入するのも良いかもしれません。(※Paypalに事業者登録が必要です。個人間の資金移動は商用目的には使えません
https://peatix.com/?lang=ja



さて、いかがでしたでしょう?何れにしても個人でオリジナルをやるのがもっともハードルが低くリスクも少ないということです。法人や団体の場合は、海外曲のカバーを動画アップするときは申請が必要ということですね。
他にも色々とやり方はありますので、他人の権利を侵害しないよう配慮しつつ、収益の上がる方法を模索してみてください。


4/7 補足
Youtubeの限定公開のコンテンツのURLを有料で見せるという手法は、Youtubeの規約に抵触する恐れがあります。またZOOMを使っての収益化もウェビナー等別途契約をしない限りは規約違反になりますので、ご注意下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

atozogawa

Author:atozogawa
音楽プロデューサー、ギタリスト、作編曲家の小川悦司です。
好評だった「ミュージシャン金のバイブル」の続編をブロマガ配信することにいたしました。音楽家を目指している方にご覧いただけたら幸いです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR